ケア方針

ケア方針

ご本人のありのままの生活を大切に考えます

人にはそれぞれ生きてきた人生の積み重ねの上に今の生活があります。
住み慣れた土地で、くらし慣れた家で、ご家族や地域の方と一緒に、その人らしい生活を大切に考えお手伝いします。

 ご本人の生活の自立をお手伝いします

「寝たきり」といわれている方でも身体を動かすことのできる人が多くいらっしゃいます。
ご自分の持つ力を引き出し、日常の生活動作につなげることで、生活の自立=生活の再構築が可能になります。こうした「生活リハビリ」の考え方・介護技術をもとに、支援を行います。

ご家族とご本人のいきいきとした、豊かな暮らしを応援します

介護のある日常はご家族にとって少なからぬ精神的・肉体的負担を伴います。
ご本人とご家族の〝笑顔〟に出会えることが、スタッフのよろこびであり元気の素です。

私たちが大切にすること

 「私たちが大切にすること」は、職員が自分たちの大切にするケアの姿について話し合い、出し合った言葉を信条としてまとめたものです。

  • その方の生きてきた歴史、その人らしさを大切にしたケアを行います。

  •  ご本人がいきいきと過ごせるよう、創意工夫の心を大切にします。

  •  ご本人と一緒に笑いあえる時間を大切にします。

  •  ご本人を中心に、ご家族、関係機関、職員のつながりを大切にします。

  •  ご本人、ご家族にとって頼れる存在であるよう知識・技術・技能を磨きます。